人気ブログランキング |

男は黙って大船山なのだ:2

2011年12月11日(日):曇りのち晴れ!
a0166940_0471843.jpg

大船山山頂に着くと素晴らしき光景が広がってました!!(≧∇≦)





坊がつるから大船山への登路、最初のうちは凍った場所があるものの、ドロぴちゃじゃないので、それだけでも歩きやすい。 でも、滑らないように慎重に歩いて登って行きます。 ハナもずいずい登って行きます▼・ω・▼
4合目(立中分れ)辺りから、陽射しが増し、登路脇の雪がキラキラと耀く☆
a0166940_0484096.jpg

キラキラとってことはかなり雪焼けしそうですが(^-^;

立中分れから5合目の間にある積雪するとかなり低いトンネルになるアセビゾーン・・既に雪や霧氷の重りにだいぶ下がってトンネルになってました(´-ω-`;)
そんなトンネルはデカザックでないので、難なくクリア、そして5合目着(pm2:07)。
a0166940_0482590.jpg

いつも見る正面の山々は山頂付近だけガスですっぽり。
a0166940_0491376.jpg

でも、中岳山頂だけちょっこし見えて、人も数人確認できた
a0166940_0494866.jpg

大船山もまだガスでおんなじかなぁ・・そして、5合目を過ぎ、まばらだった積雪もすっかり全面雪面に変わります。
a0166940_0503888.jpg


その辺りから、霧氷も見事なのが成長していました!!
a0166940_0525396.jpg


そして青空!! テンション上々↑↑
a0166940_0531943.jpg


三俣山は相変わらずガスの中でしたが、白口岳の方はガスが切れてきています。
a0166940_0534690.jpg


これなら、期待できるかもーーー↑↑
と、のんびり撮影しながら登ってたら、段原手前でハナが正面を気にしてるなと思ってたら、下山してきたぴろ。と遭遇!! 「山頂晴れてるよ!急がな!」って言われ、「せっかく晴れそうなのに下りるのー?」と訊いたんだけど、やっぱり日曜日だと翌月曜日の仕事に支障がねぇ・・なので、後ろ髪引かれながらも下山していきました。
a0166940_0542294.jpg

ま、僕も明日の事は不安ではあるんですが(。-_-。)マ、ナントカナル
その直ぐ後続でもうひとり登山者が下山されましたが、最後?
程なくして、段原到着!!(14:37)
a0166940_0544847.jpg

ガスが覆っててくれたから、まだあまり融けてない♪ これが朝から快晴だと半分以上は融けてしまってるはずだから、ラッキ~です♪(。-∀-)
でも、さっきぴろ。に山頂は晴れてるってきいたんだけど、ガスがど~んと乗っかったままだよ。
a0166940_0552086.jpg


反対側の北大船山は真っ白い姿を見せてくれてるけど・・
a0166940_0554152.jpg


ま、ま、これから晴れるはず!と、山頂に向けて出発です!
a0166940_056064.jpg


んが!?積雪での嵩上げはそれほどないものの、登路の両サイドの木々が重みで下がってて、頭がつかえて歩き辛ーーーい!!
a0166940_0562247.jpg

僕でこんなですから、長身の人はもっと辛いはず(´-ω-`)
a0166940_0563953.jpg

そんなゾーンをクリアしたら、あとはデンジャラスな場所もなく登っていけました。
a0166940_0571298.jpg


と、ここで着信に気付いたのでしばし通話中→→→通話終了して山頂へ!
あと少しで山頂ってところで、パァ~~っとガスが切れてきたと思ったら、
眼前に山頂の姿がどーーーん!!と!!
a0166940_0574054.jpg


なんと、山頂まであと少しってところで急にガスがなくなったんです!!
あと、少しだけど、こりゃ急がないと!!って2分くらいでしたが・・pm15:11山頂到着!
誰も居ません(笑)
・・・・・・すごーーーーーーーーーーーーーい!!
a0166940_0584430.jpg

a0166940_0585981.jpg

山頂からの眺めは、薄い雲海が、風がほとんどないのでゆっくりと流れてて、かなり綺麗な光景が広がっていました!! ここんとこなかった光景です!!
坊がつるでは珈琲我慢して、大船山山頂でまったりと珈琲タイムをしようとか考えていたけど、刻々と変わる光景に目が離せず、そんな時間ないです(笑)
でも、水分は摂らないといけないのと、今日はネスレのミルクティをメインにごくごく飲む。
しばし一息ついたところで撮影開始です!!
a0166940_101440.jpg

あっちこっちせわしく動き回って、パシャパシャ・・・ハナもあとをついて回ってます▼・ω・▼
a0166940_141120.jpg


山頂での光景が目が離せないくらいなんですが、御池の様子も気になるわけで、万が一のカラス対策をザックにして、デポして一気に御池へと向います。
a0166940_144160.jpg


紅葉の時に際々まであった水はそれほど減ってないようで、際々のまま全面氷結してました。
a0166940_15663.jpg


手前の方はガチガチに凍っているようですが、まだ寒波が来てそれほどじゃないため、氷上を楽しむのは3分の1くらいまでで止めときました(。-_-。)これからこれから
いつもなら、御池からは南側へと登る周回コースを取るのですが、雪はいつものように吹きだまってて、あいにくトレースもなく‥というか、いつも無いことのが多いのですが、今日は早く上に戻らないといけないってのもあるから、あきらめて来た道を戻りました(´-ω-`)しかたない
a0166940_165083.jpg


再び山頂へと戻り。。。
【男は黙って大船山なのだ:3】に続きます
by kaji_kazu | 2011-12-15 20:00 | くじゅう