2012年夏の遠征初日:燕岳へ!(2)

2012年8月3日(金)
燕山荘⇔燕岳⇔北燕岳
a0166940_18344549.jpg

燕岳で有名なイルカ岩・・バックに槍ヶ岳と一緒に♪


1時間ほど昼寝したら、頭スッキリ!
多分睡眠不足と合戦尾根で日射を浴びすぎたせい(下界でも同じようなことをやる・・)だったみたいで、高山病の走りではなかったようだ(^^;






サブザックに水(ハイドレーション)とレンズ、三脚のカメラ機材に、行動食を持って、いざ燕岳へと向かいます。
天気はまだまだ快晴!
ちょうど燕山荘前に到着した、若い男性2人にスマホ(iPhone)で記念撮影のシャッターを頼まれる(^^;
今回の遠征では、一眼デジ持ちの人は別として、コンデジではなくスマホだけ持ってる人が多かったなぁと・・で、スマホでシャッターを切るのは初・・でも、いまだガラケーながらも画面タッチで撮影できる機能付きなので、その点は問題なく撮影できてよかった(^^;
そのあと、僕もコンデジで撮影してもらいました。
彼らは明日燕岳に登るそうで、今日は燕山泊で小屋でノンビリするとか・・まだ15時前なんですけど(^^;
普通そうなんですかねぇ(^^;
a0166940_18445730.jpg

ま、ま、ともかくクッキリ見えている槍ヶ岳を眺めて、地図では燕岳までは30分の道のり・・軽荷だし、時間もたっぷりだからのんびり景色ながめつ、高山植物を観察しつつ、14:18からテクテクし始めました♪
花崗岩なお山の燕岳はどこか屋久島を思い出させてくれます。
んで、こんな丸い岩があったり・・ちょうど横に同じような丸い雲が来たところでパシャっり!
a0166940_194744.jpg

しかし、ずっと雨が降っていないからか、登路はすんごい乾燥してて砂埃が(^^;
風がなかったからよかったけど、強風だったら巻き上げてたね。こりゃ(^^;

往復同じ道を通るから、往路は花たちメインで撮影しながら、テクテクと歩いて、燕岳山頂到着!(≧∇≦)
a0166940_19582913.jpg


狭い山頂でしばらく、登頂の喜びを噛み締めてましたが、その後もどんどん登ってくるので、山頂をあとにして北燕岳に向かうことにしました。 ほとんどの方が燕岳までのようで、その先の北燕岳へ向かう人は皆無‥晴天下の貸切登路をノンビリテクテクしながら、北燕岳まではたくさんのコマクサを堪能しながら分岐到着。
a0166940_2004455.jpg


そこから、ほいほい登って北燕岳・・山頂に指標がないんですかねぇ(^^; 多分山頂到着(^^;
で、山頂から後立山方面を眺めつ撮影♪
a0166940_2026043.jpg


ほとんどが燕岳まででしたが、僕のあと、カップルが北燕岳まで登ってこられたので、岩の上に登ってお互い記念撮影をしました♪
a0166940_20264634.jpg

三脚持ってきてたけど、10秒でこの岩を登ってポーズするまでには足りない(^^; こりゃリモコンがいるなぁと思ったのでした(^^;
ま、ま、幸いカップルのお2人のおかげで記念撮影できてよかったです。
その後ちょいとお2人を話しをして、先に下山されていかれるのを見送り、再びぼっち山頂で景色を堪能してたら・・さっき登った岩の麓にタカネスミレが咲いているじゃないですくわっっ!!
さっき登る途中で花後の実がなっているのを見ていて、もうちょい早かったら花が見れるんだよなぁとか思ってたりしたんだけど、まさかの花が見れるなんて・・・ラッキー♪


タカネスミレ(高嶺菫)
スミレ科 スミレ属
学名:Viola crassa Makino subsp. crassa
別名:タカネキスミレ
a0166940_2035719.jpg


葉っぱがちょっと厚めで光沢があるのでタカネスミレだと判別できます♪
a0166940_20354394.jpg




しかし、標高2,500m超えでのマクロ撮影はかなりキツイです(^^;
呼吸を止めてシャッターを切って撮影するのだけど、かなり苦しいんです(^^;
空気が薄いってことなんだろうなぁと思いつつも、さらに景色もしっかり撮影して北燕岳をあとにしました。
a0166940_21441261.jpg

a0166940_21443430.jpg


槍ヶ岳の右横奥にピークが見えている山はなんだろう?
a0166940_21445496.jpg

ちょっとズーミングしてみたけど・・地図で方角的に笠ヶ岳??
a0166940_2145738.jpg


それから、夕方の斜光線になりつつある時間帯だったので、コマクサをいっぱい撮影して、再び燕岳へ戻ったころにはガスが発生( ̄□ ̄|||
でも、燕岳山頂でブロッケンが観れましたーー(≧∇≦)/
a0166940_21501654.jpg


ガスはそんなに濃いものではなかったので、燕山荘方面も見れてたし・・
a0166940_2151429.jpg


と、思ってたら一気に天空の・・みたいになったり
a0166940_21514523.jpg


でも、一部だけになったりの繰り返しでした
a0166940_21522240.jpg


十分燕岳でブロッケンや景色を堪能できたので、燕山荘に戻ることにしました。
往路では撮らなかった眼鏡岩を撮影したり、そこに登ったり♪
a0166940_21532415.jpg

眼鏡岩に登ってたら、「景色はどうですか~~?」と下から訊かれたり(笑)
あいにくガスがまた出てた時だったので、ちょっと残念だったのですが、ま、ま、それはそれで次回来たときのお楽しみってことで(。・∀・。)

ちょっと尖がりと槍ヶ岳w
a0166940_2232441.jpg


再びイルカ岩♪
a0166940_22323633.jpg

イルカ岩は最初燕山荘の上にある岩(それもイルカに見える)がそうかと思っていたんですが、こっちが本家です(笑)

イルカ岩から少しして燕山荘のテン場へと無事戻れました♪
a0166940_2234575.jpg


テン場に戻ったのは17:20・・夕ご飯の前に、それと気温が下がる前にやっぱり生!!まずは生!!
ってことで、ジョッキ生を飲むためにつまみをもっていそいそと燕山荘へと♪♪
あんまり飲めないかもしれないなぁと思って、中ジョッキ(800円)を注文!
で、景色見ながらは燕山荘周辺はガスで見えないので、まん前のベンチで即飲み♪
なぜか行き交う人たちがしっかり長袖着て行動しているのが気になりますが(^^;←ひとりだけ半袖だったので。。

さて、お楽しみはナイフを持ってこなかったので、カマンベールチーズは手でちぎって、持ってきたブルーベリーを乗っけて♪
a0166940_22374895.jpg

a0166940_22385519.jpg

さっそくいただきまーーす(〃^¬^〃)
や、チーズとブルーベリーのコラボがビールに合う!!♪
んで、アイコとか鯛の焼きカマとかをつまみにぐいぐい飲んだら・・足りませんでした( ̄□ ̄|||
大ジョッキでよかったみたい(´;ω ;`)ブワッ
でも、もう今更追加で頼むには時間が(^^;
ま、三岳と黒霧もあるからいっかと、戻るときに明日の水を2L(1L=200円)をプラティパスに入れてもらって、マイテントへと戻ります。

ガスってたのけど夕陽で眩しかった
a0166940_22425611.jpg


それから汗だくになったので、全身拭いて着替えり、夕ご飯の準備をしてたら、ボチボチ夕陽な時間なので再びカメラを持ってテントから出ると、スッキリ快晴ファインビューでした!♪

西からの斜光線が当たる斜面
a0166940_23121162.jpg


槍ヶ岳周辺は雲海状態か?
a0166940_2313433.jpg


燕山荘方面は夕陽を観ようとたくさんの人ひとひと・・
a0166940_23131418.jpg


槍ヶ岳周辺の雲が夕陽色に染まってます♪ 今、槍ヶ岳山頂に居たら絶景かも♪
a0166940_23141616.jpg


18:45・・どこかの山へと夕陽は沈んでいってしまいました・・
a0166940_23145199.jpg


アヤシゲな雲が踊ってる(^^;
a0166940_2327949.jpg


むこうに沈んだ夕陽照らされて耀いてる
a0166940_23281187.jpg


燕岳はすっかりお休み状態です
a0166940_23284667.jpg


いやー晴れでよかった♪
さて、テントに戻ってご飯食べましょうかね・・学生ばかりのテン場はすでに静かです
a0166940_2316503.jpg


すぐ横の高校生の引率の先生は燕山荘泊だったみたいで、夕陽をみたあと生徒たちのテントに立ち寄ったんだけど、もう寝る体制に入ってた生徒たちに、「キレイな夕陽だったのに、おまえらは・・・」ともらしていたのが印象的でした・・最近のコって朝陽や夕陽には感動しないものなのかなぁ? 昼間は元気だったから、それほど疲れてるって感じでもなかったんだけど・・とか思ったりもしたけど、空腹ですw
うどん(袋入りのどん兵衛)にしめじやらししとうやらハムやら大量に鍋に入れて、2食分α米の赤飯を食べて満腹♪
そして、再びテントから出たら、昨夜が満月(今月は2回満月があるのにファーストムーンに気付いてなかった(^^;)だったので、すでに月が昇ってきて明るく照らしていたので、今夜は星撮りはあきらめて明日、早めに起きて燕岳に朝駆けしようと、三岳をちょっとだけのんで即爆睡したのでした(_д_)。o0○

【つづく】
[PR]
by kaji_kazu | 2012-08-19 08:00 | 遠征(山歩)