2012年夏の遠征初日:燕岳へ!(1)

2012年8月3日(金)
穂高駅→<バス移動>→中房温泉登山口→合戦小屋→燕山荘
a0166940_19175329.jpg

おととし来るはずだったここに来れたことに深く感謝です♪






中房温泉行き始発のバスの時刻は穂高駐車場4:43。
なので、3:00に起床して、パッキング漏れがないかを再確認し、朝ごパンと牛乳でしっかり食べる。
合戦尾根は日本三大急登と言われるので、どれくら急登で喘ぐのか楽しみだけど、空腹でばてないようにはしっかり食べないとですね。 とりあえず合戦小屋で食事休憩するつもりだから、そこまで持てばいいんですが。。。
食べ終わって、出発前にトイレに・・と思ったらバスが来た( ̄ω ̄;)!!
もういいやと登山靴履いて、車のロックを確認してバスに乗り込んだのは駐車場からでは一番最後・・中房温泉までの運賃1,700円(前払い)を支払って、既に9割以上座席が埋まっている状態の中でしたが、最後尾の座席が空いていたので、そこにザックを下ろして、無理やり嵌め込む(^-^;) どうも一番ザックがデカイみたい(^-^;)
それから、程なくして穂高駅へと進み、ここで時間までトイレ休憩とのアナウンスに、慌てなくてよかったんだと、とりあえずとっとと下車してトイレへとε=ε=┏( ・_・)┛
スッキリして、まだまだ出発時間まであるので、穂高駅舎を撮影したり、到着した列車と撮影したりとしてたんだけど、すっかり舞い上がっていたので、駅から見える山々を撮影するのを忘れてました(TзT)バカー
a0166940_19314349.jpg

穂高駅では僕の乗った定期バスには追加で人を乗せず、臨時バス2台追加しての対応をしていたようです。やっぱり平日でもいっぱいなんだなぁとつくづく・・。
時間になったので、次の停留所は、昨日立寄り湯ったしゃくなげ荘。 ここで数人乗り込みますがすでに補助席。
デカザックだったので、やはり駐車場からの乗り込みでよかったみたいです(^-^;)
あと、ここで話が逸れますが、当初の予定ではしゃくなげ荘で立寄り湯したあと、そのまま登山者用の駐車場に車中泊して、バスに乗るようにしていたのですが、天候の崩れ傾向で、大天井岳から常念岳へのルートを取ることも考えたんですよね。 そうなると、タクシーを呼ばないといけないわけで、事前に「南安タクシー」へ問い合わせをしたら、しゃくなげ荘側より穂高駅に車を停める方が車上荒らしの心配が少ないと言われたんですよね。 穂高駅からのバス代や、常念から一の沢に下山したときはタクシー代も高めになるのだけど、安心できる方がですね。 それによくよく考えると、予定通り上高地に下山した場合は、JR移動で穂高駅に戻るわけだし・・と、初めてだとアレコレ考えすぎて読めない部分もこうして助言していただいくだけでも、頭が回るようになるってもんです(^-^;

さて、バスはしゃくなげ荘を過ぎるとだんだんと山手の方に向かい、道は狭くなっていきます。
ぼーっと車窓から外を眺めてたら、「あ!クマ!!」って声がする( ̄ω ̄;)!!クマとな!!
僕の座席からは確認できませんでしたが、クマは森に逃げていったみたいでした。 でも、ふつーにクマが出るんですね( ̄ω ̄;)コワイワー
それから、なにかトラブッてる観光バスの対応をされてたりして、中房温泉に無事到着!
a0166940_195192.jpg

登山口はたくさんの人でごったがえしてました!
a0166940_19511986.jpg

トイレも行列ができていましたが、ここからの急登に備えてのんびりとストレッチをする‥ストレッチをしながら、団体パーティーの注意事項をみんなに話しているのを聞いていると、「今日のリーダーは○○さんです。 そして、今日はたいへん長丁場となります。 無理のないように進みますが(以下略)」 ふむ。このパーティーはちゃんとしているんだなぁと思いつつストレッチ終了!
水場の水をゴクゴク飲んで、すでにだいぶ出発したようなので、トイレも少なくなり用足しをして、6:30、いざ三大急登出発です!
a0166940_20171223.jpg


すぐに、上りになり、先行者の列に閊える・・ま、でも最初の30分はゆっくりめでいいので、のんびり周囲を見ながら少しずつ登ります。 が、標高はまだ低めなので重いザック背負ってるからすぐに汗が吹き出る(;´▽`A``
昨日出発する前にザックとカメラの重量を量ったら、すでに30キロオーバー・・32キロくらい・・それに、クーラーバッグにいれてる食材(ほぐししめじ一袋、アイコ、ブルーベリー、ししとうとかのナマモノ・ハム・チーズ・珈琲豆)、そして水で多分35キロ弱くらいになっているんじゃなかろーか( ̄□ ̄||| いつも最初にこんなに詰め込んできた自分に後悔するのだけど、でも、今回のパッキングはGWの祖母傾山縦走の時に気付いた点で改善しているので、肩への加重が和らいでいる分それほどキツくはないのだけど、それでもやっぱり吹き出る汗に重すぎか?と思わずにはいられないのでした(*´ー`) フッ

第一ベンチでかなり休憩されてる人がいたけど、まだのんびり登って30分だったので休憩はせずに先に進む。
a0166940_20404830.jpg


そこで遅かったグループを抜いたことになったからか、先行者が見えなくなりました(笑)
a0166940_20413437.jpg


突然、なにか機械的な音がしたと思ったら、合戦小屋への荷揚げのケーブルが作動し始めたようでした。
a0166940_20461682.jpg

それにしても空が青い!

そしてさらに30分後、第二ベンチ到着。(1,820m)
a0166940_20424027.jpg

ちょうど、いい感じにベンチが空いたので、一度ザックを下ろして休憩。
すでにタオルから絞れるくらいの汗が吹き出ているので、結構キテマス( ̄□ ̄|||
10分くらい休憩して汗が少し引いたので、再スタート。

それからさらに30分登ると第三ベンチ到着。
a0166940_20532897.jpg

そのまま先に進みます。
そして、富士見ベンチ到着。(2,200m)
a0166940_20542534.jpg

!富士山が見えてる!!!!
遠いけど生まれて初めて富士山を見ることができましたー♪
ちょうど、富士見ベンチも空いてたので、ここは休憩しつつじっくり初のMt.FUJIを観ることにしました♪
a0166940_20583216.jpg

富士見ベンチでは心地よい風が当たり、気持ちいいと思ってたのは最初だけで、さすがに2,200m付近の日陰では段々と体が冷えてきます( ̄ω ̄;) なので、次は合戦小屋までの上りです。
富士見ベンチを出発して20分くらいで合戦小屋まであと10分の案内・・・
a0166940_215916.jpg

が、ここから陽が当たるようになり、暑さが倍増する( ̄□ ̄|||
そして合戦小屋まであと5分・・・
a0166940_216385.jpg

5分後、合戦小屋が見えましたーーーー!!♪
a0166940_2163051.jpg


燕山荘まであと1時間半!
a0166940_2173533.jpg


朝食とって既に5時間は経過しているので、腹ペコ。 重ザックを下ろして、早速小屋でカレーうどん(900円)を注文!
スイカ(800円)はその後です!
a0166940_21101247.jpg


空腹にカレーうどん♪♪♪ うまーーーーい♪♪♪
a0166940_21181146.jpg


食べ終わりに気付いたけど、うどん麺の先っちょがヘラ状になってる!何か意味あるのかな?
a0166940_21182944.jpg


カレーうどんを完食して、次はスイカです♪ 結構大きめなスイカの1/8カットだったので多い(^-^;)
a0166940_2120185.jpg

陽の当たる場所に腰掛けて、スイカをガツガツむさぼり喰って完食!
大人になってから、スイカってほとんど食べなかったんだけど、甘くて美味しかった♪♪♪

合戦小屋地名の由来
a0166940_21213776.jpg


カレーうどんとスイカを完食してお腹が満たされたので、残り燕山荘までの1.5時間をがんばれそうです(笑)
ドンブリを返すときに、今日のテン場はまだ大丈夫かどうかを確認すると、まだ連絡はきてないから大丈夫とのこと・・これでいっぱいだったら、燕山荘泊か大天荘まで
が、樹木が低くなり森林限界となるので、晴天下の陽射しが容赦なく降り注ぎ、さらに汗だくだくになりながら、高度を上げていくと!!!
槍の穂先が!!!
a0166940_21251879.jpg


さらに高度を上げると!
a0166940_21261072.jpg


燕山荘まで残り1.3km
a0166940_21271661.jpg


高度を上げるごとに段々と槍ヶ岳の全容が見えてくると、それまでの疲れも吹っ飛ぶってもんです(笑)
a0166940_21265646.jpg

でも陽射しの暑さで吹き出る汗は止まらないんですけどね(;´▽`A``アツー

ようやく燕山荘が見えてきました!テン場にもすでにテントが確認できる。。
a0166940_21303526.jpg


はぁ着いた・・登山口から5.5km・・日本三大急登を上りきったようです♪
a0166940_21344033.jpg


11:35、燕山荘に到着!テントの受付をします。
a0166940_21345679.jpg

受付を済ませずに、テン場手前でダッシュして先に場所を確保しようとしたカップルの彼氏が居ましたが、それはどーなんだろうと思いつつも、彼女の手前テントを張らないといけない使命感でもあったのでしょうかねぇ・・でも、場所が狭いので受付をしてから幕営するのがルールだと思いますよ。

さて幕営! 今回はエアライズ1+DXフライです!
a0166940_21423862.jpg


テントの受付をして手渡される、幕営手形。
a0166940_21431258.jpg


すっごく汗かいたし、喉も渇いてたので、シュワっとしたものが飲みたかったので、売店へ・・ホントは生ビール(燕山荘は大/中/小のジョッキ)を飲みたかったところですが、燕岳に登りに行くのでここは我慢してコーラと思ったらあまり冷えてなかったので、懐かしいレモンスカッシュ。
a0166940_21451727.jpg

コーラに比べると炭酸の刺激がイマイチだけど一気に飲み干して、ちょっとだけ頭痛がするので1時間ほど昼寝することにしました。

【2012年夏の遠征初日:燕岳へ!(2)に続く】
[PR]
by kaji_kazu | 2012-08-12 08:00 | 遠征(山歩)